2008年02月26日

GTAのTake-Two社が、レゴスターウォーズなどのEA社に買収される!?

GTA01.JPG
SWATとの戦いももうおしまい?

GTAシリーズで有名なTake-Two社を買収しようとしているのは、メダル・オブ・オナーなど人気タイトルを数多く抱える、超大手のゲームメーカー「エレクトロニック・アーツ(EA社)」だそうです。
米EA社:「残虐ゲーム」のTake-Two社に買収提案(WIREDVISION)テイクツー、EAの買収提案を拒否(日経新聞)によると、Take-Two社は買収提案を蹴ったそうです。

わたしたちユーザーにとっての関心事は、レゴスターウォーズやハリーポッターシリーズを手がけるEA社に買収されることで「GTAらしさ」に影響がでるかどうか、ではないでしょうか。
……ていうか、影響されますよね?

わたしはPC版「GTA3」とPS2版「GTA vice city」を持っていますが、あの圧倒的な自由度は一度経験したら病み付きになります。
その自由さが失われ、骨抜きになったらもはやGTAはGTAではなくなってしまいますね……。

しかし。
そんなGTAファンに朗報です。GTAの生みの親によって、GTA以上に自由なゲームが開発されているらしいのです。
GTAの父,デイビッド・ジョーンズ氏が初挑戦のMMO「All Points Bulletin」を大公開(4Gamer.net)

プレイヤーが法を行使する側と,法を破る側の二手に分かれて抗争を繰り返すという,GTA3のMMOゲーム版とも形容できるもの

警官と犯罪者とに分かれ、銃撃戦などが楽しめそうです。
リリース日などは未定だとか。


今回の買収話はTake-Two社のブランドイメージを損ないかねない話になりそうですね。上記の「APB」のような競合ゲームも出てくるでしょうし。個人的には、単なる残虐性や自由度だけではなく、独特のユーモアや、やり応えある単独ミッションなどがすごく楽しかったんです。
ともかく、動向を見守りたいです。



posted by レンジャー相馬 at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 201号室【住人:レンジャー相馬】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。