2008年04月20日

ウェルトオブ・イストリア日記その3

ゴチです。「ウェルトオブ・イストリア日記」第3回をお送りします。
単なるお使いと気を抜いていたら、街道のど真ん中に怪物が歩いていました。
お手紙を届けるだけと気を抜いていたのですが。
こういう、イレギュラーな仕事ってすごく疲れるんですよね。 

ギルドのルシェーラさんも、発注の時に「怪物退治込」ってあらかじめ教えてくれれば良かったのに。
怪物も怪物で、突然出るんじゃなくて「昼、出るっス」とか事前に言っておいてくれれば、気分良く対処できたのに…アポ無しは困るなぁ。

ま、仕方がないので戦います。先手必勝。敵が気付く前に攻撃です。
怪物の正体はゴブリン。外見は緑色の小男といった感じで、まるで「妖怪人間ベム」に出てくるベロ(変身後)のようです。
belo2.gif
戦闘システムはHEX式なので、移動して敵に隣接して武器攻撃をします。
僕の武器は短剣。ゴブリンの背後に回り込み、短剣斬り一閃!

ガシュッ!手ごたえはありましたが、まだ倒れません。くそ、もう一撃か。
今度はゴブリンのターン。僕のサイドに回り、棍棒を振るってきます。

ドギャッ!!体力の3分の1程を持っていかれる大ダメージ。

グフッ!?まずい、下手すりゃ死ぬ。
たかがお使いと思っていたが、これは命がけの冒険だ…!
ピクニック気分だった僕も、今の一撃でやっと目が覚めました。

これ以上攻撃を受ければ、本当に命が危険です。
再びゴブリンの背後に回り、渾身の短剣突き!

…ドサッ。ゴブリンが倒れた!やった、戦闘初勝利です!

しかし、ファーベルから出て間もない内からこの調子。テテの街に着くまでに、あと何回戦闘があることやら。先行き不安になりながら、道中を急ぎます。

タッタッタッタッタ。
ゴブリンにあんなにやられたのに、他の敵が出たら…
タッ。

着いた。
ファーベル〜テテ間、めちゃくちゃ近い。
街道をまっすぐ1本行けば着くし、これで怪物でも出なけりゃ子供でもお使いできそうです。よくイストリアで冒険者が成り立つなぁ。

テテのギルドへ手紙を届けて、お仕事終了。と思いきや…
テテでもお使いの仕事を頼まれてしまいました。

今度はテテから南の街、ラシュアのギルドへ書状を届ける仕事。
ファーベル〜テテ間同様、街道をまっすぐ1本行けば着くようです。
要領は同じ、怪物さえ出なけりゃ楽勝です。
ついでとばかりに引き受けて、一路ラシュアへ向かいます。

タッタッタッタッタ。
道のりも短く、怪物にも遭遇せず、無事ラシュアに到着しました。
あとはラシュアのギルドに行くだけです。

ごめんくださ〜い。
女「うっふ〜ん(はぁと)」


は?


次回に続きます。


posted by 五知 at 18:25 | TrackBack(0) | 301号室【住人:五知敬之】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。